顔面ソニーレイなの!

ゲームブログだよ!TRPG、プレイステーション、レトロゲームが中心なの!

∞射程の女銃鹿 殺意の階層

  第16話
f:id:mesgamer:20180531090810g:plain

木村権造「私は心の奥底から人を殺したいと思った経験がなかった。
元死刑囚の初負男の死は私にとっては恐ろしいだけだった」

元死刑囚の初負男が死ぬ動画は見たか?
はい。

私の名は木村権造(きむらごんぞう)

私は自宅で夜銃(やじゅう)と名乗る奇妙な男と、携帯電話で会話していた。

あなたのいうカタキ討ちがどのようなものか、良く分かりました。
百聞は一見にしかず。
分かってくれて大変結構。
よく分かった上で回答します。
カタキ討ちはお断りします。
・・・・・・。
それは・・どうしてだ?
動画をみた感想はただ一つ。
恐ろしかった。
・・・・・。
とても私にはこんな恐ろしいことはできません。
私にはあそこまで人を憎んで…
人を切り刻むことはできません。

そうか。
ですが、あなたのやっている事を否定するつもりはありません。
被害者遺族に与えられた1つの選択肢として、必要だと感じました。

率直な感想。
ありがたく頂戴する。
あなたに会えてよかった
……かもしれない。

気が変わったら俺の携帯に電話をして欲しい。
いつでもカタキ討ちのお膳立てをする。

いえ、よほどの事が無い限り、2度と電話をするつもりはありません。
了解。

そういうと夜銃は電話を切った。

私は……
驚くほど簡単に断ることができて、少し気が抜けてしまった。


簡単に断れたな。
無理強いされると思っていた。

私は軽く息を吐いて安堵した。
これでひと仕事終わった。
他にもやらなければならない事がある。

母さん。
ちょっといいか?

私は台所で朝食の準備をしている妻に話しかけた。

なんだい?
今から警視庁で被疑者の仇山的助(かたきやまとすけ)に会ってくる。

そうかい……
つらい事にならないといいね。
真実が知りたいんだ。
だから前に出ないと。

そういって私は家を出ることにした。

娘が死んでやらなければならない事が驚くほど増えた。
それが人が死んだ事実の重みだと思う。

父さん戦ってくるから。

胸にしまってある娘の写真に手を当てる。
……覚悟は決めた。

私は被疑者が待つ警視庁へと車を走らせた。


【女銃鹿の家】

f:id:mesgamer:20180602084848p:plain

それで、どうやってカタキ討ちの犯人をとっつかまえるんだ?
元死刑囚を監視し続けます。
元死刑囚を監視?
犯人が死刑廃止に不満を感じている人間なら、再び元死刑囚を襲う可能性があります。
その時に「∞視点」で犯人を目視します。

∞視点ってなんだ?
お姉ちゃんは視点の位置を好きな場所にかえられるのー。
簡単にいうと、どこでも好きな場所が見れる能力なんだよ。
おお!
初めてグノーシャの能力をうらやましいと感じた!

三号君はもの凄い勢いでエロ活用しそうだねー。
そ、そんなことないぞ。
∞視点でカンニングしまくれば資格取り放題じゃないか。
そしてモテモテでエロエロな男に……

最終的にはエロに行き着くんですね。
グノーシャって力をいくつも持ってるものなんだな?
普通は2つか3つの力を保持しています。
そうか。
俺もそのうち力に目覚めるんだな。
気を付けてくださいよ。
グノーシャの力は簡単に手に入ります。
どんな弱い人間でも簡単に……です。
それはよくないことなのか?
弱い人間が不相応な力を簡単に手にいれると、ロクな事に使いません。
自分の弱さと向き合えない弱い人間なら、傲慢な世界を築くでしょう。

なんか重みのある言葉だな。
調子に乗って無茶苦茶やったグノーシャが、過去に23人いたらしいけど……
蜻蛉斬りさんに全て殺されたんだよ。

蜻蛉斬りって・・・
なゐの神衣の横にいた白髪の少女か?
そんなやばい娘だったのか。

【蜻蛉斬り(とんぼきり)】




蜻蛉斬りさんはグノーシャを狩る専門のグノーシャだね。
私たちグノーシャは好き勝手に行動していますが。
お父様に逆らうことはできません。

三号君も力を手にいれたからといって、調子に乗っちゃだめだよ。
肝に命じておくよ。

【警視庁】

f:id:mesgamer:20180602084910p:plain


警視庁に到着したわたくし木村権造は、被疑者の「仇山的助」と面談する事になった。

今、刑事の羽山アキラさんに案内され、警視庁の廊下を歩いている所だ。


それでは今から接見室に案内します。
これから被疑者と話せるんですね。
はい。
被疑者は罪をみとめているんですか?
被疑者の仇山的助は自白して、罪を認めています。
そうですか・・・。
証拠も多数発見され、自白の内容と証拠も一致しています。
仇山的助は反省しているのですか?
反省はしています。
……ただかなりの変わり者なので、どこまで本気で反省しているのか分からない部分があります。

変わり者・・・。

羽山さんは接見室と書かれたプレートが貼ってある扉の前で、足を止めた。

つきましたよ。
この扉の先が接見室です。
私はここで待っているのでがんばってください。


私は大きく息を吸って大きく息を吐いた……

そして意を決して接見室の中に入っていった。

【接見室】

f:id:mesgamer:20180602084930p:plain


接見室は刑事ドラマで見た事があるような部屋だった。

部屋を2つに分ける透明な強化アクリル板。
無機質なパイプ椅子。
どれも簡素なつくりだった。

・・・・・。

アクリル板の先には仇山的助が座っていた。

仇山的助の後ろには警察官が横向きに座っており
こちらに視線を向けることはない。

あれが仇山的助。
羽山アキラさんに頂いた写真と同じ顔だ。

私はゆっくりと歩き。
仇山的助の面前で座った。

仇山的助は黙ってうつむいている。
目が赤く腫れているが…
泣いていたのだろうか?

木村雪子の父。
木村権造です。
あんたが仇山的助なのか?

はい。
あんたが娘を殺したのか?
す……すいません。

仇山的助が消え入りそうな声で謝罪した。

なんで家の娘にあんな酷いことをしたんだ!


すいません!
自分でもよく分からないんです!
気がついたらあんな事をしてしまって……



仇山的助は大量の涙を流しながら謝罪した。

よく分からない事はないだろ。
どうして娘にあんな酷いことをしたんだ?

すいません!
すいません!
変な悪霊が見えて…
そうしろって脅されたんです。

あ……悪霊?
心の病気なのか?
は、はい……
悪霊が耳元でそうささやくんです。

TVで見たことがある。
悪霊の幻覚が見える症状の精神病。

人格障害による妄想。

仇山的助は人格障害なのだろうか?
私はどう対応していいのか分からずに考えこんでしまった。

・・・・・・。
すいません。
あ……悪霊が!
悪霊が!


そういいながら仇山的助は……
ポケットの中にはいった汚いメモを、目の前のアクリル板にくっつけて私に見せた。

f:id:mesgamer:20180602084950p:plain


メモには「うそです」と書かれている。



う……嘘だと!
何が嘘なんだ!


な……なんのことですか?

そう言いながら仇山的助は2枚目のメモを私に見せた。

そこには・・・

「話した事の全てが嘘だ!クズ!」

と書かれている。

な、なんだと……
ふっ・・・

仇山的助は後ろにいる警察に聞こえないように鼻で笑い。

3枚目のメモを私に見せた。

!!

メモにはこう書かれていた。

「私は人間製のおっぱいマウスパッドを楽しんで作ってたんだ!
警察と言いおまえといい邪魔ばかりしやがって!
おまえらに私の楽しみを奪う権利がどこにあるんだ! 反吐がでる!」


(なんだこのメモは!!)

一瞬……目の前で何がおきている
のか分からなくなった。

へっ……

仇山的助が目の前でニヤリと笑う。
そして声を出さないで口を大げさに動かした。

クチビルの動きを見ると「死ねよ」と言っているのが分かる。

きっ……

私の怒りは最高潮に達した。
怒りのあまり全身の毛が逆立つ。

55年間生きてきて人を憎んだこともあった。
人の不幸を望んだ事もあった。

生まれた初めてだった。
生まれてはじめて・・・

っさま……



本当に人を殺したい思った。



きさまーーー!

私は目の前のアクリル板を手で殴った。

なんども・・・
なんども・・・

アクリル板にヒビがはいり、殴った手は出血した。

な……木村さん!!
やめてください!!

仇山的助の後ろにいた警察官が、慌てて制止を求めた。

木村さん……落ち着いて。
殴るなら私を殴ってください。

仇山的助が半笑いの状態で私を挑発する。

どうしてだ……
木村さん!
やめてください!



接見室に飛び込んできた羽山さんが、後ろから私の両脇に手をまわし私を拘束した。

どうして……
おちついてください!
木村さん!
どうして……
こんな奴に娘は殺されたんだ!

わたしはガックリとうなだれた。

仇山……
おまえ……木村さんを挑発したな?
なんの事ですか?
ばれないと思ってるのか!
口の中に飲み込んだ、3枚のメモは後で俺が確認する!

ぐっ……

私はうなだれながら……
私の心が殺意で満たされるのを感じた。

・・・・・。
木村さん……すいません。
俺が仇山的助の本質を見抜けなかったせいでこんな事に……

私の耳には羽山さんの言葉が届かない。

(殺してやる 殺してやる)




・・・・?
きむら……さん?



(殺してやる。 殺してやる。)
(殺してやる。 殺してやる。)
(殺してやる。 殺してやる。)


殺してやる。





【夜の森】

f:id:mesgamer:20180602085023p:plain


数時間後・・・

私は夜の森にいた。
東京と山梨の県境にある夜の森に。
どうやって森まで移動したのか覚えていない。


闇に吸い込まれるような感覚だけが残っている。


木村さん
また会ったな。

闇の中から夜銃(やじゅう)が姿を現す。

夜銃の手には鞘に収められた日本刀が握られていた。

ええ・・・
会うべきではなかったかもしれない。

今朝、電話で木村さんと話してから15時間の時間が過ぎた。
人の心が変わるには十分な時間だ。

人の心は何かが起きれば、1秒で変わりますよ。
そうだな。
本当にその通りだ。

夜銃が期待に満ちた目で私を見つめている。

あの……夜銃さん。

私は意を決して夜銃に話しかけた。

私は……
・・・。

重い沈黙が流れる。

ここから先を口にすれば私は引き返せなくなる。
人間を捨てることになるかもしれない。

私は・・・
・・・。
娘のカタキを討ちたい。


私は自分の生きた55年分の勇気をふりしぼって・・・
カタキ討ちを望んだ。


殺すのか?
殺します。
では……
契約成立だな。

そういうと夜銃は野獣のような目で私を見つめ……

手に持っていた日本刀を私にゆっくりと手渡した。

これで殺せという事ですね。
そうだ。


私は渡された日本刀をゆっくりと鞘から抜いた。

鞘から抜いた日本刀は月明かりに照らされ、美しく光っていた。

これが人殺しの道具。


誰もいない夜の森。
牛カエルの鳴き声だけが鳴り響いていた。


次の話へ
前回の話へ
TOPに戻る