顔面ソニーレイなの!

ゲームブログだよ!TRPG、プレイステーション、レトロゲームが中心なの!

∞射程の女銃鹿 間(はさま)

  93話(Aパート)
f:id:mesgamer:20190731184526g:plain 2019年8月1日
長い文章は2つにわけることにしました。
こっちがAパート。

メス「むっちゃ大団円だよ~♪(お姉ちゃんが生き残ってセーフ♪)」


地球は消滅し

女銃鹿の放った弾丸は月に向かって飛んでいく。


存在史上最速のスピードで飛んでいく。


コォォォ!
   
 
   
っけえええ!


弾丸は光を追い抜かしながら

20年前にさかのぼる!
30年前にさかのぼる!

そして


f:id:mesgamer:20190731185920j:plain



ギュイッ!


一瞬で月を周回し、50年前の地球に流れ落ちた!


f:id:mesgamer:20190731185828j:plain



その弾速は一瞬だけ

無限の十倍を超えていた。







・・・・・・


・・・・


・・



そして、弾丸が落ちた先・・・

50年前地球。


日本でもっとも貧しく、もっとも治安が悪い町。


f:id:mesgamer:20190731185953g:plain

その街のアパートに入れ墨(ずみ)をした凶悪なヤクザがいた。


・・・・・・。


ヤクザは怒る。


ふざけるな!


本部に払う上納金が月50万円もあるのに、ガキを育てる余裕なんかねーよ!


ほぎゃああ!
おぎゃあ!


ヤクザは赤ん坊の頭をボーリング玉のようにつかんでいる。

その赤ん坊は幼児時代の「諸悪今源之助」だった。


「諸悪今源之助(しょあくこんげんのすけ)」



諸悪今源之助はみんなやる男を地獄につきおとした犯罪者であり、元はと言えば全てこいつが悪い。


ほぎゃあああ!
ぎゃああ!


赤ん坊は飢えて痩(や)せていた。
泣きながら赤ん坊は食事を要求する。

父親にすがる。


うるせーっていってんだろぉがよ!


ヤクザは赤ん坊の泣き声だけで激怒し

助走をつけ、赤ん坊をゴミ箱に叩き入れた!


ふぎゃっ!


ゴミ箱に入れられた赤ん坊は一瞬で泣きやむ。


なんと酷(むご)い。


これが諸悪今源之助(しょあくこんげんのすけ)の幼児期か・・・


はっ!黙ればいいんだよ!
黙れば!

ああ・・・


パクパク。
モグモグ。


飢えていた赤ん坊はゴミ箱に捨てられたバナナの皮をつかみ、生きるためにバナナの皮を喰らう。


栄養を摂取する。


ころす・・・
ころす・・・


諸悪今源之助(しょあくこんげんのすけ)は赤ん坊とは思えない凶悪な目で憤怒(ふんぬ)していた。


諸悪今源之助・・・
幼児期のあなたは悲惨だったんですね。



だが!










f:id:mesgamer:20190731190024j:plain



ほぎゃっ?


真のスイングバイ加速射撃は流れ落ち


赤ん坊はスイカ割りでわったスイカのように、粉みじんとなり絶命する!


あん?


なんだぁ~?
ゴミ箱から血が出てるぞ~?


・・・・・・。
あれ?
うっかりやっちまったか?
・・・・・・。
ま、いっか♪


このままゴミの日に捨てとこ♪

赤ん坊時代の諸悪今源之助(しょあくこんげんのすけ)はこうして亡き者となった。



「赤ん坊時代のこのオッサンが死にますた」



ビキビキ・・・


ビキビキ・・・
ビキビキ・・・
ビキビキ・・・
ビキビキ・・・





んんー?
ビキビキ?


世界中が割れて・・・いる?


ピキッ!


いままで積み上げられた歴史はガラス瓶のように崩れ

世界は白い粉をまき散らしながら崩壊する。


「白い粉をまき散らしながら崩壊する」

f:id:mesgamer:20190731190508j:plain



は?
は?


へ?


ビキビキ・・・
ビキビキ・・・



やがて、崩れた白い粉は世界を満たし


世界を真っ白な世界に変異した。


この状況がなんなのか把握できるモノは存在しない。


・・・・・


・・・・


・・




??????


世界が変容する???


なぜに???


へ?



・・・・・・・・


・・・・・・


・・・・


・・




10分後。

死んだ筈(はず)の女銃鹿は目を覚ます。


ん・・・
キョロキョロ。


f:id:mesgamer:20190731190126g:plain



周囲は見たことがない真っ白な世界になっていた。


なんだこの世界は???


その世界はまるで真っ白なゴミの島。


真っ白なテレビ・・・
真っ白な机・・・
真っ白な銃・・・


そして真っ白な死体!

それらが無造作に積みあげられている。


「現在位置」

f:id:mesgamer:20190731190149j:plain



なんですかこの謎世界は?


まさか異世界転生?
ここにきて異世界で再スタートとか冗談じゃないですよ。

女銃鹿が頭をかかえて後悔する。


異世界ではないな。


ここは・・・

間(はさま)だよ。


近くにいた「なゐの神衣」が答える。

なゐの神衣は栗ひろいに使う背負いカゴと、火ばさみを装備している。
どうやら彼はその装備でゴミをひろっていたようだ。


ちょっ!
どういう!


つか、あれ?

お父様もとに戻ったんですか?


おかげさまで・・・な。
今度はもっと手際よく助けてくれ。


何もかもが消滅するところだったぞ。


というか間(はさま)ってなんですか?


白いゴミと白い人間の死体がムッチャ落ちてますよね?

女銃鹿が足下に落ちてる白い人間の死体を指差しまくる。


「現在位置」

f:id:mesgamer:20190731190215j:plain



・・・・・・。
ズズ・・・
ズッ・・・


ゴミがうごめく。


なんか下に落ちてる銃がナメクジみたいに前進してますよ!


ズヌ!
ズズ・・・


「白い銃」が「白い人間」に這(は)い寄り・・・

銃が人間の頭部にアメーバーのようにくっつき同化した。


ちょっ!
人間の頭と銃がくっついてますよ!


なんですかコレ?
もしかしてグノーシャってこんな感じで生まれるんですか?


さぁ。


そうかもしれんし、違うかもしれん。
ホントなんなんだろーな?


お父様も分かってないんですね。
(説明キャラのクセに何してるんですか?)

間(はさま)もグノーシャも謎が多くてな。
調査中としか言いようがない。


なゐの神衣は火ばさみでキン肉マン消しゴムをつかみ、背負いカゴの中に入れながら答える。


えっと・・・
そもそも間(はさま)ってなんなんですか?

崩壊した世界だな。


矛盾が発生すると、世界は矛盾に耐えられなくなり崩壊する。


で、間(はさま)になるわけだ。


矛盾(むじゅん)・・・


50年前の諸悪今源之助を射殺したから矛盾が発生したんですか?


そうだ。


過去改変から矛盾が発生する。


それで、この世界は矛盾に耐えられなくなり崩壊したと?
それって最悪すぎませんか。

大丈夫だ。


バラバラになった世界は1時間ほどで修復され、時代が書き換わった矛盾のない世界に生まれ変わる。


今回は諸悪今源之助がいない世界が再構築されるだろうな。

ん~。
分かりにくい話ですねぇ~。


過去改変がおきて・・・

1時間ほどで、元の世界に戻るってことでいいですか?


そうだ。


元の世界に戻る前に、すべき事をやっておけ。


にゃるほど!
話は聞かせてもらったよ!


この世界は色んなルートがある世界じゃなくて、1本道なんだね♪


で、矛盾が発生すると世界の全てが壊れて、矛盾のない形に生まれ変わるの♪


「現在位置」

f:id:mesgamer:20190731190252j:plain


ゴミ山の一部が崩れ、中からメスがヒョコンと飛び出る。

そしてフルーツから出てくるサザエさんのタマのようにお尻をふりまくる。


なっ!
メス!
これは驚いたな。


まさか狙って、間(はさま)に入り込んだのか?
どんな工夫をしたんだお前?


ふふの、ふ♪
私は工夫の鬼だからね♪


このまま私が工夫を続ければ、私がグノーシャの頂点になっちゃうかもよ~。


やれやれ。
こいつには毎回驚かされる。


メスの歩んだ無茶苦茶な人生を女銃鹿が見たら、SAN値直葬(さんちちょくそう)して発狂するだろうさ。

※SAN値直葬・・・クトゥルフの用語。SAN値(正気度)が一瞬でゼロになり発狂すること。


怖いので、見ません。


女銃鹿が顔を背(そむ)ける。
女銃鹿はメスの過去だけは絶対に見ない。


とにかくこれで一件落着だね♪


1時間もすればもとの世界に戻り、過去は改変されてみんな大復活なの♪


「復活するグノーシャ達」

f:id:mesgamer:20190731190321g:plain



むっちゃ大団円だよ~♪
(お姉ちゃんが生き残ってセーフ♪)



メスは強引に話をまとめた。



・・・・


・・



が!



 
 


気まずい空気。

女銃鹿となゐの神衣は沈黙でメスの話を否定する。


うう。
やっぱりやり残した事があるのかな?


ええ、まだ罪人が残っています。
今回の件は、彼を処刑するまで終わりません。


それに私の戦いに大団円はないと思います。


OH・・・
ずっと戦う宣言なの・・・


お姉ちゃん、そのうちハゲるよ。


ふむ。
やはり、そう思うか。


ならば、ついてこい。
ゴミ山を登るぞ。



なゐの神衣がゴミ漁(あさ)りをやめ、近くにあるゴミ山をスタイリッシュに登る。


なるほど。
彼が上にいるんですね。


何かを察したのか、女銃鹿もゴミ山を登る。
メスもあわてて登る。


ちょっ!
どこに行くのかな?


もしかして、ゴミ山の上に黒雲ちゃん達がいるのかな?


「黒雲」

f:id:mesgamer:20190731190339g:plain



黒雲どもはとっくに逃げ失せたよ。


それにあれは、この国の光から生まれる影みたいな連中でな。
この国に負け犬が存在する限り消えることはない。


つまりパパでも倒せないんだね?
とってもイヤーンで、無駄な戦いになりそ~かも。

まぁ、無駄な戦いにはならないさ。


奴らはグノーシャとも強い縁(えにし)を持つ

私は黒雲からグノーシャの謎が分かると考えている。


そっかぁ。
1匹捕まえて飼ってみようかなぁ。

それはいい。
一口乗ろう。


なゐの神衣とメスは会話をしながら白いゴミ山を登る。

女銃鹿はだまりながら静かに登る。


・・・・・・。


ゴミ山は存外小さい。


・・・・


・・





15分後。
標高200m

ゴミ山の頂上。

ゴミ山の頂上はたいして高くないが、見晴らしがいい。
間(はさま)を一望でき、春風のようにやさしい風が吹いていた。


・・・・・・。
・・・・・・。


「現在位置」

f:id:mesgamer:20190731190400j:plain



・・・・・・。



女銃鹿、おまえの選択を見せてもらうぞ。


ここが最終地点。
女銃鹿の真価が問われる場所。


「Bパートに続きます」

f:id:mesgamer:20190731190428g:plain

次の話へ
前回の話へ
TOPに戻る