顔面ソニーレイなの!

ゲームブログだよ!TRPG、プレイステーション、レトロゲームが中心なの!

∞射程の女銃鹿 ただただ死ね!

  第44話
f:id:mesgamer:20180605041441g:plain 男銃鹿「島乃守が死んでから一週間。あいつは何をして何を感じていたんだ?」

女銃鹿(めじゅうか)が島乃守(しまのまもり)を殺害してから7日後。

・・・・・。

「夜の田んぼ」

f:id:mesgamer:20180605224951p:plain



夜の11時。

蜻蛉斬り(とんぼきり)と一人のグノーシャが、苗が植わっていない田んぼの中央にいた。


「蜻蛉斬り(とんぼきり)」

f:id:mesgamer:20180605224113p:plain


「一人のグノーシャ」

f:id:mesgamer:20180605225013p:plain



ぐぷっ…
介錯を…


一人のグノーシャは両ヒザをついて切腹をしていた。


グノーシャの腹は一文字に裂け……
腹から血があふれ出た。


血08


ジ――――――ッ。
早く介錯を!


蜻蛉斬り(とんぼきり)の手には日本刀が握られている。

蜻蛉斬りは切腹の介錯を勤めていた。



早く介錯を!
早く介錯を!


切腹したグノーシャは血の涙を流していた。

切腹したグノーシャ生まれた小鹿のように震えていた。

切腹したグノーシャは後ろを振り向き、蜻蛉斬りの顔を凝視した。


見た事がある。


蜻蛉斬りは静かにつぶやいた。


やはり、この目はどこかで見た。


1563年。

三河で一向一揆がおきた時に見た…気がする。



何を……?


切腹したグノーシャは、蜻蛉斬りが何を言っているのか理解できない。


どこで見た?
どこで見た?


蜻蛉斬り(とんぼきり)は昔を思い出していた。

遠い昔。
1本の槍だった頃の思い出を……
 



・・・・・・


・・・・


・・





【三河一向一揆】

1563年 三河。

三河で一向宗による大規模な一揆がおきていた。



「三河」

f:id:mesgamer:20180605225038p:plain



三河でおきた一向宗の一揆は徳川家康公三大危機の1つと言われ、徳川家康を大いに苦しめた。


行くぞぉぉ!
蜻蛉切!


了解。
レッツバスタード。


ここは針崎の大混戦地帯!


「大混戦地帯」
三河一向一揆図a


徳川家康の配下、本多忠勝(当時16才)は蜻蛉切(とんぼきり)という槍を使い、一揆衆と戦っていた。


「本多忠勝(ほんだただかつ)」

f:id:mesgamer:20180605225100p:plain


「蜻蛉切(とんぼきり)」

f:id:mesgamer:20180605225110p:plain



混戦になりました。
デンジャーデンジャー。
一向専念無量寿仏。
一向専念無量寿仏。
一向専念無量寿仏。
一向専念無量寿仏。


一揆に参加した農民たちは鎌(かま)や鍬(くわ)で武装していた。

農民達が馬上の本多忠勝に襲いかかる。


「馬上の本多忠勝」

f:id:mesgamer:20180605225124p:plain



はっ!
攻撃判定成功!
クリティカルヒット!


本多忠勝が蜻蛉切で農民をなぎ払う!

なぎ払われた4人の農民はキュウリのように輪切りとなりバラバラになった!



f:id:mesgamer:20180605225138p:plain



一向専念無量寿仏。
一向専念無量寿仏。
一向専念無量寿仏。
一向専念無量寿仏。
ゲリラ農民エンカウント。
ゲリラ農民エンカウント。


キリがありません。
家康様のガードを推奨します。


農民たちは文字通り死ぬ気で戦っておるわ!
一向宗という宗教が彼らを強くした?
奴らはアホなほど純粋だ。


正しい戦いをしておるつもりなのだろう。

死ぬまで正しいことをして、菩薩様の所にいくつもりだ。



あ…
ヤバ…
なんじゃ?
家康様に……


銃弾が2発命中!


「家康様 大ピーンチ!」

f:id:mesgamer:20180605225155p:plain



なにぃ!!
忠勝様は超無傷!
でも家康様に銃弾が2発命中!


忠勝様は超無傷!
でも家康様に銃弾が2発命中!



なぜ2度も言う?
本気で家康さまをガードしてますか?
ちゃんと殿を守ってるよ……
ごにょごにょ……
そうですか失礼しました。


そういえば渡辺守綱(わたなべもりつな)が接近中です。

魅惑の鉄壁ボディで家康さまをガードして下さい。


殿を裏切った渡辺守綱だと?
激戦やばい。
混戦やばい。


でも忠勝様は超無傷。
ダメージ0。

イモータル本田(不死身の本田)と呼んでいい?



「イモータル本田」

f:id:mesgamer:20180605225212p:plain



お主のいってる事がさっぱりわからんわ!


本多忠勝が蜻蛉切(とんぼきり)を農民の顔面に投げつけた。


最強の槍スキル投げっぱなしジャべリンが炸裂!


農民をオーバーキルしました!


農民は吹き飛び……
苗を植えていない春の田んぼに落ちた。


ぎひぃぃぃぃ!


温かで優しい春の陽気の中、人間は天の下で殺し合いを続ける。


春のツクシも血に染まっていた。


・・・・・・


・・・・


・・





1563年の出来事。
蜻蛉切(とんぼきり)と言われた私の原風景。


蜻蛉斬りは切腹をしたグノーシャを見下ろしながら、過去を思い出していた。


「夜の田んぼ」

f:id:mesgamer:20180605225230p:plain



な……なにを……ごぷ……
早く首をはね……


蜻蛉斬りはいつまでたっても介錯をしない。
切腹をしたグノーシャは焦っていた。


了解。
すぐ楽にする。


蜻蛉斬りは切腹をしたグノーシャが苦しむ姿を確認し……


ゆっくりと日本刀を振りあげた。


f:id:mesgamer:20180605225246p:plain



刀は月明かりに照らされ鈍く光る。

月明かりが切腹したグノーシャと蜻蛉斬りを明るく照らした。


・・・・・・


・・・・


・・






これで全てが終わる


私は死んで詫びなければならない。


きぇああぁぁぁ!!
!?


切腹したグノーシャの名は女銃鹿!


「切腹したグノーシャの名は女銃鹿」

f:id:mesgamer:20180605225305p:plain



蜻蛉斬りの刀が…


女銃鹿の首に叩き
つけられた!



赤衝撃












【新宿の高層ビル】

f:id:mesgamer:20180605222622p:plain



同時刻。
新宿の一等地にある高層ビル。

高層ビルのオフィスで2人のグノーシャが会話をしていた。


「高層ビルのオフィス」

f:id:mesgamer:20180605225345p:plain



女銃鹿は死んで詫びる道を選んだか。
相変わらず気の早い女だ。
死んでわびる……か……


グノーシャの1人はなゐの神衣。


「なゐの神衣(ないのかむい)」

f:id:mesgamer:20180605225358p:plain



もう1人は男銃鹿(おじゅうか)と言う名前のグノーシャだった。


男銃鹿は先日ブラジルから帰国したばかりで、詳しい事情を知らない。


「男銃鹿(おじゅうか)」

f:id:mesgamer:20180605225411p:plain



あまりに早いな。
早い?
島乃守が死んでわずか一週間だ。
あまりに早すぎる。


島乃守が死んでから一週間。

あいつは何をして何を感じていたんだ?



「女銃鹿は何をして何を感じていたんだ」

f:id:mesgamer:20180605225426p:plain



そしてなぜ切腹を選んだ?


聞くだけ無駄な話だ。


それでも聞きたいか?


聞かせろ。
一応は俺の弟子だ。
手短に話そう。


なゐの神衣は静かに口を開いた。


・・・・・・・


・・・・


・・








そう…
あれは…

島乃守が死んだ翌日の出来事だ。


「女銃鹿の自宅」

f:id:mesgamer:20180605225500p:plain



・・・・・・。
次の話へ
前回の話へ
TOPに戻る